時代は昭和だ!MODEROID 六神合体ゴッドマーズ & figma 石野あらし

時代は昭和だ!MODEROID 六神合体ゴッドマーズ & figma 石野あらし

2018/04/05

  • 予約
  • アニキャラ
  • フィギュア
  • プラモデル

マーズあらしタイトル

 

「昭和かよ!」などと案内書にツッコミを入れざるを得ない新製品が登場です!当時の自分に「21世紀には六神合体ゴッドマーズのプラモデルとゲームセンターあらしのアクションフィギュアが出るぞ」と言っても絶対に信じないだろうけど、これが現実……!!

 

 

ゴッドマーズ01

 

グッドスマイルカンパニー「MODEROID 六神合体ゴッドマーズ」

 

いや長生きはするもので、合体変形フル可動のゴッドマーズのプラモデルです。「夢にまで見た」を大幅に通り越して夢にも思わなかった一品、なんという快挙。ここは「光の速さで歩け!」という声援を送りたい。TVシリーズ放送当時は一歩も動かず、後に出たOVA「17歳の伝説」ではアクションのためにデザインを変更させられたあのゴッドマーズが!プラモデルに!なった!(プラモデル自体は昔もありましたけれど、そこはそれちょっと棚に上げよう)

 

 

ゴッドマーズ02

 

ガイヤ―、ウラヌス、シン、タイタン、スフィンクス、ラーの6体に(いま記憶を頼りに名前を書いたので上の画像の順番とはたぶん一致しないと思います)完全変形、そして合体!ガイヤーの収容機構は流石に再現されていないので「完全」ではないのかも知れませんが、ならばガイヤーとゴッドマーズの夢の競演という「ひとり東映まんがまつり」みたいなことも可でありましょう。9色のプラによる多色成形を活用し無塗装でもほぼ劇中通り!その昔300円のプラモデルを購入して枕を涙で濡らした少年もこれならばオッケイです!!

 

 

ゴッドマーズ03

 

否、むしろバンダイの旧キット、なんならバキュームやコールガッチなどの太古の製品を並べて昭和の時代からの時の流れを感じるのも良いでしょう。光の速さで歩いてきたのは、それは私たち自身なのですから……

 

グッドスマイルカンパニー「MODEROID 六神合体ゴッドマーズ」、8月発売予定でただいま予約受付中です!

 

 

 

あらし01

 

MAX Factory「figma 石野あらし(ゲームセンターあらし)」

 

「ゲームセンターあらし」といえば、ファミコン以前のまだ「テレビゲーム」と呼ばれていた時代のコンピューターゲームを題材にしたコロコロコミックの人気マンガです。大ブームとなりアニメ化に至ったのは、コロコロコミックのオリジナル作品としては初めてだったかもしれません。タイトルに反して別にゲームセンターを荒らしまわるひとではなく、むしろ宇宙人と戦ったり第三次世界大戦を回避したり、それゲームでやる必要あるの?無論ありますとも!な、ベイブレードや遊戯王にも受け継がれる児童向けホビーマンガのスタイルを確立した、偉大な作品なのです。

 

 

あらし02

 

伝説的な「炎のコマ」を再現するエフェクトパーツをはじめとして、あらしが劇中で駆使した様々な「秘技」を21世紀のいまに伝えます。別に火が出るほどレバガチャしたりくるくる回ったり妙な叫び声をあげたりしても、それでコンピューターゲームの処理速度が上がるわけではありませんが、読んでる方にはそんなこと関係がなかった。コロコロコミックのマンガには、今も昔もそういう勢いがあります。

 

 

あらし03

 

「ストリートファイター2」にダルシムが登場するまではヨガと言えばこの「水魚のポーズ」こそが代名詞でありました。こんなポーズをとることで一体なにかゲームに役に立つのか、読んでる方にはそんなこと関係がなかった。しかしアニメ化にあたってインベーダーキャップのデザインが改められたのは、たぶん権利問題に関係があったのでしょう……。

 

なぜいまあらし?そんな疑問に関係なく、MAX Factory figma 石野あらし、10月発売予定です。意志の嵐!!