マックスファクトリー COMBAT ARMORS MAXに アイアンフット F4XD ヘイスティ XD型が参戦!

マックスファクトリー COMBAT ARMORS MAXに アイアンフット F4XD ヘイスティ XD型が参戦!

2019/07/25

  • 予約
  • アニキャラ
  • プラモデル

 

既に二脚型ではCBアーマーバリエーション「大河原メカニカルワールド」を順調に製品化するマックスファクトリーのCOMBAT ARMORS MAXに、ダグラム世界の中でも1.2を争う重装備タイプの機体が登場します!

 

 

 

ところでみなさんはこのメカのことを何と呼びますか?そう、アイアンフットですね。しかし現在の公式設定と製品名に於いてはヘイスティと呼ぶのが慣わしとなっています。ここは地球連邦評議会の圧政に屈することなくアイアンフットと呼びたいところですが、残念ながらそうも行かないので以下本文中ではこの魅力的なCBアーマーをヘイスティと呼称することにします。ご了承ください。

 

なお「俺はサンダーボルトと呼ぶぜ」な人は屋上でぼくと握手!

 

 

 

マックスファクトリー「1/72 COMBAT ARMORS MAX17 アイアンフット F4XD ヘイスティ XD型」

 

アイアンフット社の第三世代CBアーマー「ヘイスティ」を強化改修した機体がXD型です。初出は旧タカラSAKシリーズキットの付属リーフレットに描きおろされた大河原邦男のイラストで、「太陽の牙ダグラム」本編には登場しないバリエーション。COMBAT ARMORS MAXのノーマル版ヘイスティにパーツ追加ならびに成形色を変更する形での製品となります。

 

 

 

特徴は何といっても背部に搭載された10連装ミサイルランチャーでしょう。噴進弾を装備する機体・兵器の多いダグラムの世界でも、ここまで大型のランチャーはありません。装填されるミサイルも同様に大型で、その威力を感じさせます。また腹部のカメラや腰部のサイドボックスアーマーにも細かな差異があり、もちろんそれらも変更されます。

 

 

 

大型化されたミサイルランチャーに対して右腕のリニアカノンは若干小型化、左腕にも二連装のランチャーが装備され、元々の機体に在った「左右非対称」性は若干抑え気味になりました。それでも頭部を持たない独特のデザインはいま見ても変わらぬ魅力の武骨さで、兵器然としたCBアーマーの中でも質実剛健さが際立ちます。きのこの山に脚が生えたようなヤツとは大違いですな。

 

 

 

ヘイスティのバリエーションとしてはよく知られた(というかヘイスティの公式なバリエーションはたしかこれしかないんですが)もので、すでにノーマル版発売当時にMG誌(2016年1月号)で改造記事の掲載がありました。今回は満を持しての製品化と言えましょうか。なおそのページでノーマル版の作例を製作されているのがマックスファクトリーの清水圭氏でありまして、出るべくして出る、ということでしょうか。

 

 

 

ノーマル版のパーツ一式も付属しますので、デザートイエロー系のヘイスティとして組むことも可能です。ダグラムの世界、世界観というものはガンダムやボトムズなどのシリーズにくらべてまだ手付かずなところがありますから、このようなバリエーション機体を使って自由に想像を広げても良いでしょう。

 

COMBAT ARMORS MAX17 アイアンフット F4XD ヘイスティ XD型、ただいま好評予約受付中です!

 

……それでもやはりアイアンフットと呼びたい。Not even justice, I want to get truth.