エアフィックスより完全新作1/24グラマンF6Fヘルキャットが発艦!

エアフィックスより完全新作1/24グラマンF6Fヘルキャットが発艦!

2019/07/05

  • 入荷
  • スケールキット
  • プラモデル

 

エアフィックスより完全新作、1/24スケールのビッグサイズでグラマンF6F-5ヘルキャットが発売です!Pay Back Time !!

 

 

 

1/24 グラマンF6F-5 ヘルキャット

 

グラマンF6FヘルキャットはF4Fワイルドキャットの後継機として生まれた艦上戦闘機。太平洋戦争中盤からアメリカ海軍主力戦闘機として最前線に投入され、連合軍の勝利に大きく貢献した機体です。機体のアウトラインは先代ワイルドキャットのそれを受け継ぎつつも、より大型化したパワフルで獰猛な戦闘機に進化しています。ラージサイズのキット化ではこれまでに1/32スケールの製品がありましたが、更に大きな1/24スケールでは初のアイテム化でしょう。

 

 

 

試作機XF6F-1の初飛行は1942年6月のこと、アメリカ海軍新世代艦上戦闘機としては既にチャンスボート社のF4Uコルセアが先行していたのですが、様々な新機軸を盛り込み開発の難航したコルセアと比べて、地味ながら堅実な設計でまとめたF6Fは戦時体制下のアメリカにあってもスムーズに完成し、ただちに戦力化が為されました。逆ガル翼の印象的なデザインであるF4Uコルセアや、より優美な外観を持つ陸軍航空隊のP-51ムスタングと比較してもF6Fヘルキャットの人気というのは、特に日本ではあまり高いものではないかも知れません。しかしながらその地味さ、堅実さこそは太平洋戦争後半の戦力の要、12,000機以上が生産された「偉大な量産機」の証しなのでしょう。陸のシャーマン戦車のように銃後では生産性が高く前線では扱いが容易い、アメリカの工業技術あるいは工業文明が結実した、これは極めて実用的で実践的な軍事兵器なのです。

 

 

 

その高性能の秘訣は2,000馬力のプラット・アンド・ホイットニー R-2800エンジンを搭載したことにすべて帰するでしょう。コルセアやP-47サンダーボルトにも搭載された強力な心臓は「エンジンこそすべて、パワーこそ神」とでもいうべき、あらゆる事象の源です。しばしばドッグファイト(挌闘戦)では日本機の側に軍配が上がるようなこともいわれますがドッグファイトなどしなきゃ良いのであって、空中でどのような戦闘を行うかは常にスピードの速い側が決めるものです。優速であるにはむろん優れた機体設計も重要ですが、高出力エンジンがなければお話にもなりません。ダブルワスプを讃えよ。

 

 

 

その秀でたパワーがあればこそ、コックピット周囲を装甲板で防御し、12.7mm機関銃×6門の重武装をはじめとして爆装、雷装すら可能な「戦闘爆撃機」としての柔軟な運用、果てはレーダー搭載の艦上夜間戦闘機としても用いられたヘルキャットの万能ぶりがもたらされるのです。エアフイックスの模型設計は低翼配置の頑丈な主翼の構造も見て取れる設計がなされ、機体全面に穿たれたリベットからは「グラマン鉄工所(Gruman Iron Works)」とも讃えられたタフな戦闘機の魅力が溢れます。

 

 

 

近年エアフィックス製品は外観再現度の高さのみならず、機体内部構造が見どころにもなっています(最近ではヴイッカース・ウェリントンの大圏構造再現が絶賛されたのが記憶に新しいところですね)。この新しいF6Fもコックピットだけでなくエンジンや主脚収容部など隅々まで行き届いた設計で、決して「ただのデカいワイルドキャット」などではない、ヘルキャットの力強さ、高性能の秘密を解き明かすプラモデルになることでしょう。

 

 

 

しかし、実際のところ日本ではあまり人気が無い機体ではあります。それはやっぱり太平洋戦争における米軍機、空襲の代名詞としてB-29と並んで「グラマン」が挙げられるように、多くの戦争被害や犠牲者をもたらした「負の象徴」的な機体として社会に記憶されているからでしょう。でも果たしてそれはほんとうに全部グラマンだったのでしょうか?グラマンでもF6FヘルキャットではなくTBMアヴェンジャー、あるいはカーチスのヘルダイバーや、もしくは三菱の雷電だったりはしないのでしょうか?(最後のはアカン)

 

 

 

そういう日本特有の事情はあるにせよ、このエアフィックス完全新金型1/24スケールF6Fヘルキャットには、これまでの印象を払拭するだけのポテンシャルを秘めて居そうな予感がします。なにしろやっぱり強そうです(実際強い)。そのことは兵器としては大変重要な要素であって、模型の世界ならばこそ、しがらみも無く素直にそれを楽しみたいものですね。

 

そしてもしも米軍機への抵抗感を脱ぎ捨てられない方がいらっしゃるならば、

 

だいじょうぶ、イギリス海軍仕様のデカールもちゃんと入ってます。紅茶のお国のプラモだもの。

 

 

 

エアフィックス1/24 グラマンF6F-5 ヘルキャット、ただいま好評発売中です!このほか新規キットや「エアフィックス・ヴィンテージ」の復刻モデルなどエアフィックスの最新予約アイテムは記事下部のボタンよりご確認ください。