2019年第58回静岡ホビーショー タミヤ編

2019年第58回静岡ホビーショー タミヤ編

2019/05/11

  • イベントレポート

いつもファーベル佐野店をご利用いただきありがとうございます。

 

佐野店ホビー担当です!最大10連休というとんでも大型連休を終え、喜びや絶望の声が飛び交う中、5月9日に第58回静岡ホビーショーに行ってまいりました!

一般公開日は11・12日ですが、企業招待日ということで皆様より少しだけ先にお邪魔させていただきました。

 

静岡。皆様ご存知の通り模型の聖地です!

 

全体のレポートは「ファーベルのきまぐれホビー雑記帳」の方に記事がありますので、ここではタミヤブースにて展示されていた商品をいくつかピックアップしていきたいと思います。

 

 

当店でもご好評いただいております1/24 マツダ 787B!15年ぶりの再登場ということで話題となっています!

様々な快挙を成し遂げたマシン。待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

 

 

実はこのマシン、ホビーショーと同日開催で行われているタミヤオープンハウスにて実写のレプリカが展示されているんですよ!

 

 

 

レプリカとはいえ、普段では見ることはできませんので非常に貴重な体験でした!さすが静岡ホビーショー…!

 

 

1/24 トヨタ ガズーレーシング TS050 HYBRID!マツダ787Bに続く日本のル・マン24時間レース総合優勝車!

ミニ四駆にて先に発売されていましたが、今回スケールプラモデルにて発売。

トヨタ初参戦から33年目にしての初優勝だそうで、トヨタの努力がつまりにつまったマシンです…。787Bと同時に展示というあたりが良いですよね。

 

1/12 Honda モンキー125

大定番のモンキーの新型モデル!

 

 

こちらはブース内にて実写スケールのものも展示されていました。上が1/12、下が1/1

同じ角度で撮るべきだったと本当に後悔。

 

 

 

1/16 アメリカ空挺戦車シェリダンM551

ビッグタンクシリーズのディスプレイモデルとして出展されていました。

 

 

 

 

カウンタックも発表されていました。クリアコートということで塗装いらずの豪華な質感のボディになっていました。

 

 

ブースが非常ににぎわっており、スマホカメラで申し訳ないという気持ちを抱きながらいそいそと撮影しておりました。

右手にスマホカメラを、左手にパンフレットなどがはいった手さげ袋。腕がもう2本ほど欲しかった。

 

お待ちかねのミニ四駆。

まずは毎年恒例のジャパンカップ仕様の各ハイパーダッシュモーター。

 

 

今年の性能はいかに…発売が楽しみですね。

 

そしてジャパンカップ仕様のカーボンシリーズ。全体的に柄がシンプルになり色がゴールドということで非常にかっこいい。

記念に一つ持っておきたい一品です。

 

 

各種カーボンプレートはビス穴の仕様が変わっているようです。お手持ちの2018年仕様と比べてみましょう。

仕様変更で気になっている方も多かったのでは?

 

 

様々なカラバリで発売されていたセッティングボードですが、今回はド直球の【ブラック】。

メモリや数字など文字色は白なので見やすさ抜群。今までの中で一番使い勝手の良い色ですよこれは。黒っていいですよね。

 

 

 

 

 

個人的に一番気になっていたHGメンテナンスベース。こちらも間近で見る事ができました。

 

 

実際の仕様例も展示されておりました。電池を立てるスペースを見たときは倒れないのか?と思っていましたが、そこはちゃんと配慮されており溝が深く掘られています。メンテナンス時になくしやすいパーツ用のトレイもあり、大会時などでメンテナンススペースをコンパクトに展開したいときに最適の一品かもしれません。

 

 

メンテナンスマットという名前でメンテナンス関連の商品が発売されていますが、それとはまた違った角度からのアプローチ。

セッティングボード合わせて使いたい所有欲をそそられる商品ではないでしょうか。

 

 

最後に1/1エアロアバンテ。こちらはタミヤオープンハウスに展示されていました。

当初話題になっていましたが、自分の目で見るの初めてでしたので思わず写真を撮ってしまいました。これが実際に走っていたのですから夢のようなプロジェクトでしたよね。電池もローラーも大きかった…。

 

以上で第58回静岡ホビーショータミヤブースのレポートになります。

全ての商品をご案内することはできませんでしたがいかがでしょうか。