ワンダーフェスティバル2017年夏 レポートまとめ(その1)

ワンダーフェスティバル2017年夏 レポートまとめ(その1)

2017/07/30

  • イベントレポート

001

 

さて本日7月30日に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバル2017(夏)のレポートです。会場に着いた頃はパラパラ降っていた雨もすぐにやみ、例年になく穏やかな天候の下で開催された夏ワンフェス。場内は最後まで大勢の人にあふれていたように感じましたねー。

 

例によって例のごとくに会場内をすべて回れたわけでは無いのですが、自分が見られた範囲で面白かったもの、期待するアイテムなどをピックアップして行きます。最初はメーカーゾーンから…

 

■グッドスマイルカンパニーグループ

 

IMAG1034

 

グッドスマイルカンパニー関連はいつも賑やかですが、今回特に「けものフレンズ」関連製品は大人気で撮影列も随分長くなってました(それでも前回より人の流れはスムーズになってたと思います)。話題なので最初に上げるけれど、撮影したのは結構後になってからだったりする(^^;

 

DSCF7975

 

PLAMAX minimumでは単品ではなく関連性のあるキャラクターのセットで販売となります。「ばすてきセット」って名称は例の12.1話からですね

 

DSCF7976

DSCF7977

DSCF7978

 

ぺぱぷセットは背景や舞台なんかが付属するといいんですけれど、どうでしょうねー?

 

DSCF7979

DSCF7980

 

スケールフィギュアとねんどろいど。「ソフビのラッキービースト」はアクアマリンからの発売になります。

 

DSCF7982

DSCF7981

 

figmaのラッキーさんはかばんちゃんに付属。そしてジャパリバスデカい。IV号戦車みたいなレベルのプレイセットですね。

 

DSCF8008

 

あとヒグマのfigmaも出ます。親しみやすい造形です(フレンズとは言ってない)

 

DSCF8007

DSCF8006

 

横山三国志を展開するのにまず関羽からだ、というのはいかにもイマドキです。マンガ連載当時とは明らかにキャラ人気が変貌しているネットミーム。

 

DSCF7994

DSCF7992

DSCF7993

DSCF7991

 

「月曜日のたわわ」はネットというかツイッター上で人気が醸成されたコンテンツです。立体化すると大迫力です……

 

DSCF7635

 

先日の静岡ホビーショーで度肝を抜いた「耕運機のプラモデル」は御覧の通りの出来栄えです。カバーオール、良いですねえ…

 

DSCF7996

 

いわゆる「パジャマソルティック」も彩色見本が展示されてました。どういうパーツ分割になるんだろう?前後タイヤキ割りとかではないと思いますが。

 

DSCF7998

 

PLAMAX minimum ガルパンは本当に変化球続きでカチューシャ&ノンナに続いてはダージリンになります。この流れは不思議だけれど、こういうのは好きです。

 

DSCF8004

 

アフタヌーン誌連載中「宝石の国」も展開開始。クリアパーツがとてもよい質感でした。このマンガは今後も要注目と思われます。

 

DSCF8009

DSCF8012

 

1/150スケール(Nゲージですね)ソユーズロケット+運搬列車はグッドスマイルカンパニー初の本格的スケールモデルとなります。ソユーズロケットのプラモデルというのも大昔の製品しかなかったものですから、いま人類を宇宙に送り出せる唯一の手段としてもっと評価されるべきでしょう。でも「王立宇宙軍」に改造する人とか出そうだな(笑)

 

DSCF8002

 

グッスマというかMAXFactoryと関係の深い高屋良樹作品、「強殖装甲ガイバー」と「冥王計画ゼオライマー」は千値練ともコラボレーションした大型モデルで発売されます。ゼオライマーもいろんな形にリファインされていますが、やはり皆の心に残るのは……

 

つらら。

 

DSCF8003

 

figma「ゲームセンターあらし」は本当にびっくりしましたが、需要とかニーズとか、ターゲット世代とかどうなんだ一体……購買層が高齢化しているという、証なのかなやっぱりなあ。

 

DSCF7629

 

MAXFactory 30周年で特別展示コーナーが設けられ、いろいろ懐かしいものもありました。そりゃみんな齢も取るよね。

 

DSCF8001

 

30年経ってプラモデル化されたMAX渡辺さんを製作する皆さんです。

 

DSCF7995

 

そしてブースの一角にはDJコーナーが設けられて90年代のアニソンなんかが流れたりしてるのだ。提灯みたいなディスプレイもあってお祭り気分……というか盆踊りだこれ!!まあ夏ですしお寿司。

 

IMAG1041

 

パネル展示もたくさんありましたが。「この世界の片隅に」のすずさんが、これまでフィギュアに関心の無かった層をひきつけてくれればなーと、ちょっと期待したいところ。

 

■コトブキヤ

DSCF7948

DSCF7949

DSCF7950

DSCF7951

 

メガミデバイス第5.6弾は和をイメージしたメカニクス。弓兵と忍者それぞれの装備を合わせて侍になる、ホーネット&ロードランナーのようなギミックが受け継がれています。むしろ見どころは全身各部のコーションマーキングで、ここをどう処理するのかな?タンポ印刷かなーやっぱり。

 

DSCF7956

DSCF7955

DSCF7954

 

その次に控える2体は魔法少女風、さらにゲームアプリ「アリズ・ギア・アイギス」との連携などメガミデバイスの世界観は今後もどんどん拡大を見せる模様です。

 

DSCF7960

DSCF7961

 

フレームアームズ・ガールも最新鋭の「白虎」に続いて「グライフェン」が待機中、さらに……

 

DSCF7963

 

デスクトップアーミーの「シルフィー」がフレームアームズ・ガール化されます。ちょうど轟雷と逆のパターンになるわけですね。

 

DSCF7957

DSCF7959

 

本家フレームアームズでは白虎につづいて「玄武」がロールアウト。これまでにないデザインラインで新しい方向性・ファンを獲得しそうです。

 

DSCF7958

 

フレームアームズ「艦艇型(仮)」はイラストのみでしたが、これが順当にFA:G化すればつまり……

 

DSCF7965

 

ミクさんはどんな感じになるんでしょうねー。フレームミュージックガール略してFMガールだそうで、AM音源にはならんようです(え)

 

DSCF7944

 

武装神姫はまだ未定のままだった……そして背後にはアオシマの幻想戦艦大和がこっそり置いてある。

 

DSCF7968

 

コトブキヤのガルパンシリーズ、水着ダー様です(西住姉妹はトークイベント営業中だった)

 

DSCF7967

DSCF7966

 

コトブキヤのけものフレンズは布路線で展開……これはコトブキヤならではの商品展開で、ユニークなものになりそうです。

 

DSCF7947

 

1/35スケールのプラモデルでジャパリバスというのは、これもちょっと他に無いもので、果たしてフィギュアは付属するのでしょうか?このスケールならやっぱりミリタリーテイストに仕上げるべきなのだろうか?「1/35」って模型界隈にいくつかある「魔法の数字」ですねい。

 

DSCF7969

DSCF7971

 

新作マンガに続いてアニメ化も予定されている「銀河英雄伝説」ですが、コトブキヤが製品化するのは従来のシリーズからのものとなります。なぜいま急に?と思うかも知れないけれど、「銀河英雄伝説」自体はワンフェスでは毎回必ずどこかで見かけてきたコンテンツではあります。

DSCF7970

 

むしろ何故今まで無かったのか、なのかもしれません。やっぱヤン・ウェンリーはこの顔だよなあ……

 

DSCF7622

DSCF7624

DSCF7627

 

ヘキサギアも順調に進行してます。来月にはシリーズ第一弾四種が発売予定です。

 

DSCF7626

 

そして今回発表されたスタンドのベースも6角形なので、ここに来て急にRPGっぽい感じになる。

 

■PLUM(ピーエルエムオフィスエー)

 

DSCF7935

 

「王立宇宙軍」戦闘機第3スチラドゥ、発売中の単座型に続いて待望の複座型(練習機型)が発売されます。シロツグがこの機体で初めて空を飛ぶシーンは本当に!美しいアニメーションなのに、これまであまり語られてこなかったように思います。ナウシカのメーヴェ飛行シーンと同じぐらいに、もっと評価されるべき。あと直後の○○シーンも。

 

DSCF7936

 

第3スチラドゥ、二重反転プロペラはちゃんとピッチが逆になってるので、ただ風をあてるだけで二重反転してくれます。おくちでフーフーするだけでもたぶんなんとかなるはずだ!

 

DSCF7937

DSCF7938

 

ツインビーはもうすぐ発売(國府田マリ子さんのサイン色紙プレゼントキャンペーンあります)。そしてウインビーもまた、当然のように待機。

 

DSCF7934

 

そして電車。なぜ電車しかも中央線の特別快速って長野県と全然関係ないしどうして???

 

■バンダイホビー事業部

DSCF7619

 

「パシフィックリム・アップライジング」のジプシー・アヴェンジャー、コレクター事業部のROBOT魂は現在受注受付中ですが、コミコンで同時に発表されたホビー事業部のHGプラモデルが展示されていました。サイズとしてはガンプラ1/144ほどの大きさになります。

 

DSCF7915

 

ドラゴンボールメカコレは宇宙船シリーズを予定しているよう。

 

DSCF7916

DSCF7918

 

まだ参考出品の段階なので、ここからどうなるのかは、未定なところもあります。

 

DSCF7919

 

フィギュアライズバストのミクさんはもう製品状態でした。成形色はフラットな感じなんで、ここからグロス仕上げに持って行くとかよさそうなのです。

 

■海洋堂関連

 

DSCF7612

DSCF7613

 

メガソフビアドバンスの零戦52型はコックピットやエンジンも再現で、単に「ソフビ」ではないマルチマテリアルになりそうです。そら、そーですけんこんなにデカいのですからして。

 

DSCF7618

DSCF7617

 

ソフビトイボックス新作、猫とティラノサウルス・レックス。ティラノ君は旧来のゴジラ体型なところがレトロ感爆発で最高ですな。ぬこ様の方は東京タワーに襲いかかったり力士をぶちのめすなどソフビトイボックスならではの遊び方を楽しめそう♪

 

DSCF7615

DSCF7616

 

ハイラインではグレンダイザー、生物路線ではカニとサソリがそれぞれ予定されています。特にサソリは巨大生物感があるように思えるのは、何の映画の影響だろう???

 

DSCF7614

海洋堂もけものフレンズ展開予定です。シロサイがラインナップされているのは珍しい!

 

DSCF7923

DSCF7924

DSCF7925

 

アメイジングヤマグチのシリーズではマーヴェルの映画版よりはるかに強そうなキャプテンアメリカと磁石内臓マグニートーさん。

 

DSCF7926

 

ズートピアのふたりは女性ファンにも支持されそうです。

DSCF7929

 

どこにジョイント使ってるんですかシリーズではティム・バートン版バットモービル!これももう30年近く前のメカなんだ……

 

DSCF7931

 

超人よりも神様の方が偉い、という図。見方を変えればアマギ隊員のフィギュアということには……ならんか。

 

■エクスプラス

DSCF7647

 

ワイアール星人とプラチク星人のキッチュ感というかなんというか普通に立体化しているのに「オモチャ臭さ」が感じられるのはなんでだろう?悪いことではなくてむしろ面白いところなんです。

 

DSCF8022

 

ギガンティックシリーズは聖闘士星矢を展開します。射手座(サジタリウス)のアイオロス、翼の表現はこれまでにない感じです。

 

■アークライト

 

DSCF8013

DSCF8015

DSCF8017

DSCF8019

DSCF8021

 

クリエイター諸氏によるクトゥルフ神の造型がオリジナリティあふれるものから原典に忠実なものまで様々ある中で、立体化の機会があまりない「ダニッチの怪」(←パネル表記に基づく)のウェイトリー兄弟が「納屋より大きい」「腹から触手」などラヴクラフト御大の記述そのままなのは実に産地直送だと思うのですよ。

 

■ピットロード

 

DSCF7912

 

のブースにイカロス出版「AFVモデルカタログ2018」付録の1/35島田愛里寿フィギュアがあって、これ自体はアンチョビや西絹代の路線なんです。

 

なんですが、

 

えっイカロスから次のAFVモデルカタログが出るまでにこの島田愛里寿が乗っけられる1/35スケールのA41センチュリオンが出るんですかどうなんですか?というのが私、千反田える並みに気になります!!!!

 

 

 

 

 

<つづきは明日に、もう寝ます>