RKF 仮面ライダージオウ レビュー

RKF 仮面ライダージオウ レビュー

2018/09/30

  • 作例・レビュー

いつも当店をご利用いただきありがとうございます!

今月から平成20作目、最終作となる仮面ライダージオウが放送開始となりました。

オリキャスやアナザーライダーのデザインを毎週楽しみに視聴しておりますスタッフIです。

今回はジオウの放送に合わせて新たに始動したフィギュアシリーズ

「RIDER KICK’S FIGURE」シリーズ(RKF)から、第1弾の仮面ライダージオウライダーアーマーシリーズ ビルドアーマーを紹介いたします。

 

 

box

 

パッケージです。

「小さいな」と思わず声が出てしまいました。写真では伝わり辛いですが…

以前のボーイズ事業部のアクションフィギュアよりもかなり小ぶりです。

それだけ価格も抑えられているようでお買い求め易くなっています。

中の梱包は非常に簡素で、開封したらすぐに遊べます。

 

 

stand1

 

RKF 仮面ライダージオウ

 

本体です。開けてみるとなお小さいです(全長約13cm)。

小物や塗装もしっかり再現されていますね。若干色が足りないですけど動かして遊ぶんですから十分じゃないんでしょうか。

地味に手首が差し替え式になっています。武器の保持や決めポーズは可動手首じゃやっぱりキツいですよねー。

ボディの黒部分は伝わり辛いですが何とも言えない光沢でツヤツヤしています。

背中は正面と打って変わって 真っ黒 です。

 

 

parts

 

付属品はポージング用手首とジカンギレードのみ。潔いです。

 

 

stand2

 

手元にあった同じ低年齢層向け(?)の商品とサイズ比較

平成ライダーを知ってる人は誰しも首を傾げそうなこの人選。

最後に買ったボーイズのフィギュアは魔進チェイサーでした。

創動とこれまでのフィギュアの中間くらいの大きさです。

 

 

stand3

 

ライ

 

 

stand4

 

ダー

 

流石に複眼じゃないですね。慣れない人はこの顔に慣れないようで。

僕はこの顔を初めて見た時素直に「カッコいいじゃん」って思いました。

個人的にエグゼイドレベル1を見た時の衝撃に勝るものは無いですね。

ドハマりしましたけど

 

 

move2

 

move1

 

可動です。

上半身は肘がそこまで曲がらない以外は良好ですね。

胸はフィギュアーツのようなパーツ分割で見た目を損なうことなく可動します。

軸可動と違って微妙なひねりを加えられるのが良いですね。

下半身はシンプルなデザインというのもあり、とても可動域が広いです。

膝に至っては写真よりも深く曲げることができます。

キックのポーズに力が入りますね!

腿の所にちょっとだけ見えている穴はアーマー装着時に役に立ちます。

 

 

action3

 

action4

 

ジカンギレードは軟質パーツです。

小さいながらもしっかりモールドがあります。

「ケン」部分をピンクで塗るだけでも印象が変わりそう。

ジュウモードは発売予定のゴーストアーマーまでお預けです。

 

 

action1

 

action2

 

足裏の文字は残念ながら再現されていません。当然といえば当然。

「キック」に包囲されるアナザービルドを見た時は声を出して笑ってしまいました。

 

 

act6

 

手首差し替えで決めポーズを

で、このポーズはいつ取るんですかね。

 

 

⇩⇩⇩アーマーはこちら⇩⇩⇩

 

 

armor1

 

RKF ライダーアーマーシリーズ ビルドアーマー

 

続いてアーマーのご紹介です。

ジオウ本体の連動玩具となるライダーアーマーの第1弾ビルドアーマーです。

劇場版ビルドでちょっとだけ出てきたのが印象的でしたね。

本編でもよくわからない式難しい数式のせいで印象的でした。

武器のドリルとゲイツ装着時のフェイスパーツが付属しています(撮ってない)。

胸のパネルだけはシールで色分けされています。

背面はゲイツ用で、ジオウ本体に負けず劣らずの真っ黒です。

 

 

armor3

 

顔と手足部分は本体とパーツ同士の凹凸に接続する事でアーマー単体を再現します。

しっかりとパーツが接続されるのではなく、

「上手い事パーツがはまっているので辛うじて人の形を保てている」

ような状態です。なので1か所パーツが取れると次々とバラけていきます。

個体差かも知れませんが…

本体との連動が前提なのでそこまで気にしなくてもいいかも知れませんね。

肘と膝は可動軸が仕込まれていますのでこれだけでも意外と動きますが、このままだとポロリの嵐なのでさっさと装着します。

 

 

armor2

 

ジオウ側に準備があります。

あらかじめジオウ本体のライドウォッチとベルトを外しておきます。

 

 

armor11

 

アーマーはアームパーツ、レッグパーツを外しておきます。

 

 

armor4

 

armor5

 

まずは本体から。

背中側のパーツをパシャっと開き、アーマーを被せる形で本体に接続します。

ジョイントは最小限ですがガタついたりはしないです。

 

 

armor6

 

armor7

 

アームパーツを装着します。

ライドウォッチホルダーの付いていた凹部分にはめ込みます。

 

 

armor8

 

armor9

 

レッグパーツも同様にはめ込みます。

チラ見えしている反対側の脚で分かるように本体はアーマーに綺麗に収まってくれます。

 

 

armor10

 

マスクを被せ、ベルトパーツを装着して完成です。

アーマーを着ると一気にロボのようなフォルムになりました。大変好みです。

各部はしっかりと本体にはまっているのでアーマー単体のようにパーツが取れる事はありません。

 

 

armoract1

 

可動はこんな感じです。

首が少し窮屈ですが手足はアーマーの可動軸と本体の可動域も相まって思っているよりも動きます。

肩のボトルは根元がボールジョイントで腕を動かしても上手い事逃げてくれます。

 

 

armoract3

 

armoract2

 

付属のドリルも手首の形状のおかげでちゃんと持たせられます。

首も少し無理をすればこのくらいは上を向けます。但し上を向いた分だけマスクが取れ易くなります。

アーマーの足首は固定なので多少気を使いますが自立してくれます。

 

駆け足で商品を紹介しましたが、やはりこの手の動かしてナンボの商品は写真だけでは魅力が伝わりません。

実際に手に取り、ガシガシ動かしたり、フォームチェンジを再現してこそ楽しめるシリーズだと思います。

この辺りは某社の変形トイに通じるものがありますね。

価格も以前のシリーズよりもずっとお安くなっておりますので、気になっていた方はお一ついかがでしょうか?

既に発売となったゲイツ、同時展開となるアーマーやビルドをはじめとするレジェンドライダーシリーズ等、まだまだ始まったばかりのこのシリーズ、今後の展開が楽しみです。

当店おもちゃ売り場、通販サイトにてお買い求め頂けます!是非ご利用くださいませ!