2019年第58回静岡ホビーショーレポート ミニカー鉄道編

2019年第58回静岡ホビーショーレポート ミニカー鉄道編

2019/05/12

  • イベントレポート

 

いつもファーベルをご利用頂きありがとうございます。

わたくし何年振りか思い出せないくらい久しぶりに静岡ホビーショーに行って来ました♪

その中でミニカーと鉄道模型を中心にご紹介させて頂きます。

なぜトップ画像が模型じゃなくスープラなのかというと初めて実車を見て「ウワア~!写真で見るよりカッコイイ~♪」と思ったからですごめんなさい。

 

 

リアスタイルは、リアスタイルは、リアスタイルは…個性的ですねハイ。

どの車にも似てなくて良いと思いますハイ。

 

さてここからが本番です!ミニカーで気になったモデルからご紹介していきます。

 

まずはイグニッションモデルの製品化予定品を一気にご紹介♪

(すべて年内発売予定との事なのですが、ご予約受付はまだ行っておりません。開始次第ご案内させて頂きますので宜しくお願い致します)

 

 

1/18 トヨタ GRスープラ

 

先程のスープラを早速製品化するんですね!複雑なボディラインをどこまで再現してくれるのか、楽しみです♪

 

 

1/18 スズキ JB64型ジムニー

 

20年ぶりにフルモデルチェンジして話題になった新型ジムニー、すでに複数のメーカーが各スケールで製品化していますがイグニッションモデルでも出すんですね。

実車は発売当初納車まで1年待ちなんて言われていましたが、このモデルは1年待たずに発売するでしょうか…

 

 

1/18 JA11型ジムニー

 

そして2代目ジムニーも1/18スケールで製品化予定のようです!

最近はガシャポンでも見かけますし、ジムニー人気に火がついているのを感じます。

私も1度ジムニーオーナーになりたいです。

 

 

1/18 スバル レヴォーグ2.0STi

 

ファーベル伊勢崎店はスバルのお膝元ですので、スバル車は常に注目しています。

大きくなりすぎてしまったレガシィの代わりに登場したレヴォーグはサイズも丁度良くカッコイイですね~。

フロントガラスがないのでルームミラー上のカメラが目立っていますが、こうして見ると小型ミサイルとか発射できそうですね。

 

 

1/18 トヨタ プロボックス

 

日本の営業マンを支える車が製品化です。

疲れた表情のサラリーマンフィギュアを自作して乗せたいですね。

 

 

1/18 日産R35 GT-R  栃木県警高速道路交通警察隊車両

 

栃木県に店舗がある模型屋としてこれを仕入れない訳にはいきませんよね店長‼

万が一ご予約が1件もなくても1000個くらい仕入れた方が良いですよね店長‼

 

 

1/18 三菱スタリオン

 

今は亡きリトラクタブルヘッドライト車が私は大好きです。

リトラなだけでだいたいカッコ良く見えてしまう都合の良い目を持っているので若い頃は三菱GTOや70スープラが欲しかったなぁ。

スタリオンも楽しみですね♪

 

 

1/12 RX-7(FD3S)

 

ビッグスケールのFD、迫力がありますがお値段もビッグです。

 

 

大好評1/64シリーズから80スープラとR34GT-Rが出るようです!

楽しみではあるんですが、今の所1/64シリーズの需要と供給のバランスが…

生産台数を増やすと言っていたので、今までよりは手に入りやすくなるかもしれません。

 

 

 

イグニッションモデルを展開するTK.カンパニーがTARMAC WORKS製品の取り扱いを開始するそうです。

これまでTARMAC WORKS製品は注文してもいつ入荷するのかが良く分からない状況でしたので、この事が安定供給につながると嬉しいですね。

 

次は京商製品です!

 

 

1/18 samuraiシリーズ 童夢 零 ¥17,496

 

実車は発売しなかったけど大人気だったというナゾ多き車がsamuraiで登場です!

世界一全高が低い車というコンセプトで作られた為に車内が非常に狭く、身長175cm程度がまともに運転できる限界だったそうです。

175cmまでかぁ~!

…全然余裕で運転できるぜ悲しい…

このモデル化はかなり話題になっているとの事でした。samuraiシリーズは生産数が少ないので気になる方はお早めのご予約をオススメいたします。

 

 

1/18 ランボルギーニ ディアブロ SVR (ブルー) ¥17,496

 

青い悪魔ですね。青い悪魔と言ってしまうと悪魔のZが浮かんでしまいますがこれだって正真正銘青い悪魔です。だって青いんですもん。

 

 

1/18 samuraiシリーズ スバル インプレッサ 22B STI バージョン (ブルー) ¥17,496

 

諸事情により写真が縦長になってしまいましたごめんなさい。

 

 

ここからはオートアートの発売予定品を一気見せ!

 

 

77425 1/18 西部警察 マシンRS-1 放送開始40周年記念モデル ¥24,105

 

オートアートから5年前に出ている車種ですが、再生産ではありません。

内外装のスペシャルパーツをよりリアルに作り直し、写真に写っているプレートも付属します。

以前のモデルをお持ちの方も欲しくなるような内容です!

 

ここからはまだ予約受付開始していない発表ホヤホヤ製品です。正式なご案内までワクワクしてお待ちくださいませ。

 

 

1/18 日産スカイラインGT-R(KPGC110)

 

 

1/18 ホンダNSX-R(NA2)

先っちょが切れてしまってすみません。現場が混みあっていまして、これが限界でした…

 

 

1/18 ブガッティ ヴィジョン グランツーリスモ

 

 

う~む、かっこいい。

好き嫌いが分かれそうなデザインですが、私は大好きです。

元々グランツーリスモというゲームに登場する架空の車だったのですが、どこかの大富豪がワンオフモデルを6.2億円で購入したそうです。

車って長く走っていればタイヤがすり減るので交換するじゃないですか。この車、タイヤ1セット1200万円だそうです。激安ですね。

 

ここからは他のメーカーで気になったモデルをご紹介いたします。

 

 

GTスピリット

GTS80021 1/8 フェラーリ F40 (レッド) ケース&ベース付 ¥145,800

 

 

 

1/18ではありません。1/8です。デカイです。

担当の方に全長を聞くと約545mmとのことです。このモデルはベース&ケースも付属しますので余計デカく感じます。

 

 

インパクト抜群のこのモデルを玄関に飾ったら来訪したお客様もビックリでしょうね~。

 

 

店舗ではトミカやダイヤペットくらいしか取り扱っていない建機たちを続々製品化している「ダイキャストマスター」「ユニバーサルホビー」なのですが、こうして実物がたくさん並んでいるのを見るとやはり良いですね~。

 

 

ちょっとしたジオラマベースに置くだけでも良い雰囲気になりますね。

ただいまコーナー展開計画進行中ですのでお楽しみに~♪

 

 

アオシマのミニカーと言えばDISMやグラチャンコレクションを思い出しますが、「ケンファイ」ブランドの取り扱いを開始するようですね。

価格は1万円を少し超えるくらいを予定しているそうです。クォリティも高かったですし、今1/43スケールとしてはスタンダードな価格帯ですので今後の展開も楽しみです。

 

ここからは大人気トミカリミテッドヴィンテージの発表ホヤホヤ製品をバババッとご紹介いたします!

色々な車種がありますが、フェラーリ以外はまだ予約受付を開始しておりません。

開始次第ご案内させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

1/64 フェラーリ512TR(赤) ¥5,637

 

 

1/64 フェラーリ テスタロッサ(赤) ¥5,637

 

 

楽しみな車種ばかりですね♪ フェラーリはすぐに完売してしまう恐れがありますのでご予約はお早めにどうぞ…

 

鉄道ファンの皆様お待たせいたしました!ここからは鉄道編です♪

 

 

トミーテックブースで一番力が入っていたのは

97912 (限定)87系(TWILIGHT EXPRESS 瑞風)セット(10両) ¥41,472

2017年にデビューして話題をさらった瑞風でした。

 

 

瑞風を展示したブースには造り込みを説明してくれるスタッフさんがいて、先頭部分の内側にもLED照明が入っている事などを教えて頂きました。

 

 

 

 

室内もパーツの色分けなど含め限界まで造り込む予定との事でしたので発売が楽しみですね。

 

 

 

そして機関車を順次大幅リニューアルしていく予定らしく、これも楽しみですね~♪

ただ個人的にはリニューアルばかりでなく新規車種の製品化を望みたいですね。

ED42とかD51-498とか…

 

 

 

どんなキャラでもある程度は人気が出るラッピング車両が続々製品化予定です!

ミッキー新幹線かわいいなぁ♪

 

 

そしてブラインドパッケージのコレクションシリーズに新しい風が!

鉄顔(てつがん)コレクション第1弾 1個¥864

 

 

1/80スケールのお顔をコレクションするという新しい形が市場にどのように受け入れられるか楽しみです♪

テストショットではまだ粗さが見られますが、ここからどんどんクオリティを高めてくれるでしょう!

 

 

そしてカトーブースへ行ってみるとここにも瑞風さんがいらっしゃる。パネルだけですが。

トミックスは9月以降、カトーは11月以降に発売予定です。

過去に何度も繰り返された両雄のバッチバチバトルがまた繰り広げられるんですね。

 

 

最後にご紹介するのは

3089-1 EF65 1000 前期形 ¥6,220 

これまで何度も製品化されてきた車種ですが、今回はボディ・屋根・スカートすべて完全新規製作との事です!

言ってみればカトー機関車のエースですので期待しています。

 

 

最初が実車だったので最後も実車で締めさせて頂きます。

模型紹介ブログなのに何故?と聞かれれば…好きだからですごめんなさい。

鉄道模型は正直サプライズなどがあまりなく残念でしたが、ミニカーは1/64スケールブームが発生しつつあり、各メーカーの参戦がまた市場を熱くしてくれそうな気がします!

ここまで読んで頂きありがとうございました!